梅もどき

梅もどき

樹高74㎝ 鉢/広東長方 諸星義孝氏蔵(第91回国風盆栽展)

灌木で株立ち状に広がりやすい性質の梅もどきは、この作品のように株立樹形に作られることが多い。がっしりと迫力ある立ち上がりから力強く伸び上がる主幹と左右に配された子幹群とのバランスが絶妙で、まとまりの良い輪郭の中に伸びやかな枝振りが見られる。鉢映りも素晴らしく、実色との対比が美しい逸品。