英 明 (えいめい) 本名:清水英明  常滑の釉薬大家・燿山を父に持つ。燿山から受け継いだ技を継承しつつも常に新しい境地の開拓に余念がない新進気鋭の作家。作品は小鉢が中心で色鉢が多いが、泥鉢、絵付など作風は多彩。職人として優秀かつ求めやすい商品を提供することと作家としての個性表現、この二つの両立を目指してきた。平成に入り酸化還元技法を追求。単一釉ながら火加減で発色の違いを表現、独自の釉薬を生み出し、プロ・愛好家から高い評価を得ている。父・燿山亡き後、燿山窯の継承もしている。