中国鉢の土目において烏泥や紫泥、あるいは朱泥などが主流でしたが、どれにも属さない土目が、この「古銅泥」。黒泥にちかい深みのある土色に加え、梨皮のような斑点が出ている味わい豊かな土目です。大変細かい土目も特徴で、それゆえ収縮率が悪く、大型のものは制作不可能で生産効率の悪い希少品。また高温焼成で作られた鉢は独特の質感を見せており、使ってすぐ馴染むのが特徴です。