壱 興 (いっこう) 本名:渡辺一弘。現在、常滑で最も活躍する作家の一人。渡辺正山を父に持ち、その元で修行しながら釉薬を研究。昭和53年頃からガス窯による小品樹鉢焼成はじめる。現在はタタラづくり主体の釉色鉢(小品〜中品)釉色水盤(中〜大物)を中心に制作している。釉薬は多彩で泥鉢も手掛ける。 作家名は「かずひろ」と読むが一般に「いっこう」と訓読みされている。盆栽園と提携して小鉢づくりを行っており、それには「壱興」の落款が押されている。使い手の要望・指導の元、作られる中国古鉢を再現した小鉢は使い易さと高い完成度で小品愛好家に絶大なる人気を誇る。雅風展などの大きな展示会でよく使われており、業者・愛好家から高い評価を受けている何よりの証である。