日本を代表するオートレーサーとして活躍する傍らで、樹鉢づくりを趣味として作陶を続けた福田 茂。東福寺の発色・窯変に憧れ、それを追い求めた作品は市場に流通する数こそ僅かですが、愛好家から絶大なる人気を誇ります。