おすすめ商品 限定品

十五代柿右衛門色絵松竹梅外縁木瓜式鉢

¥ 18,000,000 税込

加算ポイント:180,000pt

商品コード: H110212

左右16.5cm奥行13.5cm高5.5cm

数量

2年の歳月をかけて試行が重ねられ、盆栽鉢の「用の美」と柿右衛門色絵の融合が実現。盆栽界の歴史に輝く、業界垂涎の盆器が誕生!

 

商品解説

 この作品は現在の盆栽界で最も実用性の高い「奥行のある木瓜式」型。柿右衛門窯の作品は、ロクロのみの丸物以外、窯のある南川原地区で江戸時代から行われてきた「型打成形」によってボディが作られます。注目すべきは、ここまで盆栽を植えることを意識して作られた柿右衛門作品ははじめてであるという点。過去にも数は少ないが樹鉢は存在するが、丸鉢や他の焼き物からの流用の型がほとんどで、このような盆栽鉢として機能美に優れた柿右衛門作品は画期的と言えるでしょう。

 絵柄は伝統的な柿右衛門様式の松竹梅のようでありながら、各題材を小さく描いて色彩を多く見せ、余白とのバランスを活かした柔和な雰囲気を高めた図案です。あくまでも樹を引き立てるという目的で「使いやすさ」を追求した作品です。第十五代酒井田柿右衛門がこの時代の中で生み出した現代の柿右衛門盆器。日本の焼き物の最高峰として世界中に知られる名ブランドが、盆栽鉢への深い理解と洞察を持って生み出した傑作です。共箱付き。落款は鉢裏に柿右衛門、箱蓋の裏書きに十五代柿右衛門。

 

 

日本磁器のふるさと・有田=伊万里の歴史と柿右衛門

 豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、佐賀藩祖・鍋島直茂が連れ帰った朝鮮陶工・李参平が1616年頃、有田泉山に良質の磁土を発見。青磁・白磁・染付などを焼き始めました。藩が御用窯を設けるなど窯業産業が発達し、当時世界を席巻していた中国染付磁器に倣った製品が生み出された。こうした中国明朝作品の模倣から確立されたのが「古伊万里様式」です。

 軽妙な味わいの中国・万歴赤絵などへの憧れが強まる中、1643年頃、ついに酒井田喜三右衛門(初代柿右衛門)によって赤絵付けが成功します。柿右衛門作品は全体に明るい発色で、赤は朱色がかった色に、緑の明るい青みがかった緑となり、ダミも薄塗りに変わりました。素地表面の色調も濁手(乳白色)という青みのないものとなり、そこに日本的に和様化された図案が施され、柔和で温かな白素地を活かした品格の高い赤絵作品が生まれたのです。これが「柿右衛門様式」です。

 また佐賀藩御用窯では、蒔絵や染織品などの「大名好み」を意識した青磁、染付、色絵など純日本風の独創的様式が生まれます。それが「色鍋島」です。こうして有田焼の三大様式「古伊万里」「柿右衛門」「色鍋島」が確立されました。

 1640〜1680年代、世界市場を占めていた中国磁器が内乱により輸出を中断。日本の磁器に注目が集まり、有田の黄金時代がもたらされたのです。その後、中国磁器の復活や欧州磁器の発展により世界市場での有田焼の需要は減ることとなった。

 輸出量の激減は柿右衛門窯も例外ではなく、明治に入り佐賀藩という後ろ盾も失う中、十一代柿右衛門が指揮をとって再興を目指します。遺志を継いだ十二代は酒井田に残る古文書を解読。長年の努力と研究によって1953年、250年振りに濁手の復刻に成功したのです。十三代は独自の意匠の創作に挑戦し、新境地を開拓。十四代は専攻して学んだ日本画の力量を活かして繊細な絵柄を描き、色絵磁器の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。そして2014年十五代酒井田柿右衛門が襲名されました。柿右衛門の美意識は400年近く途絶えることなく、脈々と受け継がれています。

 

 

※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。

作家プロフィール

十五代柿右衛門プロフィール

 1968年 佐賀県有田町に生まれる

 1991年 多摩美術大学絵画学科(日本画専攻)中退

 1994年 父・十四代柿右衛門に師事

 2010年 第45回西部伝統工芸展にて初入選

         第57回日本伝統工芸展にて初入選

 2012年 有田陶芸協会員となる

 2013年 第48回西部伝統工芸展に「錦唐梅文鉢」を出品、KAB熊本朝日放送賞を受賞

       重要無形文化財保持団体「柿右衛門製陶技術保存会」会長に就任

       日本工芸界正会員となる。

 2014年 十五代酒井田柿右衛門を襲名

 現在   日本工芸会西部支部常任理事

      有田陶芸協会副会長

      九州産業大学大学院芸術研究科客員教授

      佐賀大学芸術地域デザイン学部客員教授

関連カテゴリ

小鉢
水石(すいせき)とは、山水景石の総称です。水石は、一石の中から大宇宙を感得する物で、趣味の中でもっとも奥を極めたものといわれます。また、水石と盆栽は車の両輪ともいわれています。自然芸術趣味の極致といわれる水石は、日本的美意識の神髄です。水石の観賞は、大自然に心あそばせ、すぐれた山水景石や姿石、紋様石を見て森羅万象を感じ、自然の風物詩に溶けこんでゆく幽玄な侘び寂びに通じる沈潜した無限の世界があります。 盆栽の手入れに欠かせない道具のラインナップ! ★KINBON WEB SHOP限定バーゲン★ 終了いたしました。 ◆2023年9月20日15時OPEN 2023年9月28日15時CLOSE◆ 初級者からベテラン愛好家まで満足できる盆栽総合誌
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方を、ビジュアルにお伝えする盆栽総合誌です。創刊より30余年、日本国内はもちろん世界各国で「KINBON」と呼ばれ知られるようになりました。全国のプロによる懇切丁寧な実技指導、折々の展示会速報、美しい写真による名品紹介に加え、通信販売コーナーも好評。初級者からベテラン愛好家まで満足できる充実内容です。
黒松、五葉松、赤松、真柏など。盆栽の王道、松柏盆栽の優良素材をご紹介! もみじや楓などの葉物盆栽、桜や梅などの花もの盆栽、りんごや柿などの実もの盆栽の優良素材をご紹介! すぐに飾れる逸品盆栽や将来性豊かな高級素材をご紹介! ビニールポットに入った素材ならではのお買い得コーナー。 使用には問題ありませんが、ホツレや歪み、ガタ等がある為大幅値引特価となっております。掘り出し物を見つけて下さい! 日本古窯の逸品や著名作家鉢、中国の古鉢などあらゆる逸品物を網羅しています。 盆栽鉢作家として活躍中の作家から陶芸界でも名を馳せる有名作家までを網羅しています。 色鮮やかな高品質日本鉢・静和富造。ロクロで仕上げられた様々な型の丸鉢は大・中・小の3種類の大きさと最大5色の釉薬が存在するバリエーション豊富な品揃え。本格的な小品盆栽からミニ盆栽、苗木、山野草と幅広く使える実用鉢。 京都に産する陶磁器の総称。華麗な色絵や染付を特徴とし、陶器主体の栗田焼と磁気主体の清水焼に大きく分けられる。 温かみのある胎土、個性溢れる鉢型で人気の信楽焼き。盆栽・山草に使える鉢がズラリ。 日本の盆栽鉢のメッカ・常滑鉢のラインナップ! 歴史ある中国・宜興などで製作された現代中国鉢。小鉢から超大型鉢まで幅広くラインナップしています。 石付盆栽や根洗い、そして水石飾りに使える水盤をご紹介!作家ものや銅盤、支那水盤まで幅広く取り揃えています。 盆栽の飾りに欠かせない卓。銘樹に合わせるのにふさわしい古卓をご紹介! 小品盆栽に最適な高卓や平卓など、量産品から貴重な一品物まで幅広く取りそろえました。粋な席飾りにどうぞ! 弊社の長年のノウハウを元にプロや愛好家のアドバイス・要望を取り入れた商品で使い勝手抜群です。全て盆栽を飾る事を前提にサイズ・スタイルにこだわり、足や飾りなどの太さや大きさなど細部に至るまでバランスを考えて作られています。 剪定後の処理に! 盆栽の整枝に欠かせないアルミ線。全ての太さをラインナップ! 盆栽の整枝に欠かせない銅線。全ての太さをラインナップ! 原材料費の高騰により、6月1日より銅線価格の値上げを予定しております。銅線のご購入をご検討の方は5月30日までのご注文がお得です! 盆栽の水やりに使える便利道具をラインナップ! 盆栽の生育環境に役立つクルクル盆栽台(偏照台)。万遍のない日照や水やり時に簡単クルリと回すだけ。大変便利です。 盆栽の作業台をラインナップ! どんな道具を揃えればいいのか分からないという初級者から、古くなった道具を揃え直したいという上級者まで、毎日の培養管理に欠かせない道具が揃う充実のセット内容です。 盆栽の整枝に使う道具をラインナップ! 盆栽の改作(幹曲げやジン・シャリの彫刻など)に使う道具をラインナップ! 盆栽の植え替えに必要な道具をラインナップ! 鋏で対応出来ない太枝などを処理する道具をラインナップ! 盆栽の剪定道具のラインナップ! 日頃のご愛顧に感謝してサービス価格のご奉仕品をご用意! 盆栽に適した肥料をセレクト! 盆栽・山野草に適した用土をセレクト! 盆栽飾りを更に情景豊かにしてくれる添景のラインナップ! 日本絵付小鉢の最高峰「月之輪涌泉」の技を継承する鉢作家 ゆうき祥石・新たな歩みへ 先代・博氏のボディづくりを継ぎ、人気ブランド継続の一歩を! 「美術盆器名品大成」収載、知る人ぞ知る実力作家! 〜頑固なまでに実用性を追求した、素朴な作風のこだわりの逸品〜 日本を代表するオートレーサーとして活躍する傍らで、樹鉢づくりを趣味として作陶を続けた福田 茂。東福寺の発色・窯変に憧れ、それを追い求めた作品は市場に流通する数こそ僅かですが、愛好家から絶大なる人気を誇ります。 日本が世界に誇り、現役の鉢作家の最高峰に君臨する中野行山の作品をご紹介! 釉薬鉢の第一人者・相羽鴻陽&樹晃の作品をご紹介! 現役最高峰・行山の師匠にして、戦後の常滑盆栽鉢を牽引してきた佳山の作品をご紹介! 盆栽のお化粧に、苔玉作り・苔盆栽にご利用下さい。 中国宜興でも随一の滑らかな胎土、高い成形技術を誇る窯元に近代出版が長年培ったノウハウをすべて注ぎ込み開発したブランドです。しかも小品盆栽のプロから様々なアドバイスを受け“使える型”であることを前提に胎土選びから厚み、細工を徹底的に追求した最高の小鉢です。 現代中国鉢の中でも泥鉢を作らせれば最高峰と言われる「張氏製陶」のラインナップ 盆栽卓の販売、製造指導を手掛けて30年余年。そのノウハウを総て注ぎ込み、「丈夫で長持ち、そして手頃な価格」をモットーに開発された近盆オリジナル盆栽卓シリーズです。 常滑鉢作家片岡黎鳳氏の奥様である片岡美津江さんが制作した独創的なデザインの草鉢。女性ならではの優しく、そして前衛的な型は創作意欲をそそられます。 黎 鳳 (れいほう) 本名:片岡勝資  焼締の泥鉢が殆どの常滑において早くから釉薬色鉢を手掛ける。中国古渡・中渡の白交趾、黄交趾、均釉などの再現につとめ若くして定評を得る。十分に焼き締まった胎土に柔らかなフォルムを見せる作品はまさに”用の美”と言える高品質な仕上がりを実現しています。 近年は南蛮風の焼締鉢を手掛け、味のある南蛮鉢は人気も高い。 樹 晃 (じゅこう) 常滑の色鉢作家の第一人者・鴻陽を父に持つ新進気鋭の若手作家。鴻陽の高い技術を継承しつつ、若手ならではの斬新な型・釉薬の研究にも余念がない。決して奇をてらうものではなく、高い技術に裏付けされた高品質な作品を手掛ける。近年は型もの小鉢も手掛け、小品盆栽界に浸透している。 柴 勝 (しばかつ) 本名:柴田勝一  昭和43年に陶業に入り、52年柴勝苑開窯。以前は押型成型の量産が主体だったが、近年はタタラと押型による手づくり鉢に移行。常滑朱泥・紫泥・鼠泥などの泥鉢から釉薬物まで幅広くこなし、500種類を越える色・型のバリエーションを誇る。それも需要家の求めに応じる中での積み重ねの結果だと言う。技術の高さはもちろんだが培養面を考慮した工夫もなられており、プロ・愛好家から高い支持を得ている。 通気・排水性を考慮した胎土と発色の美しさ培養・美観両面を高いレベルで融合させた現代中国色鉢のトップブランド「陽明交趾」のラインナップ! 堅実な作風は使い勝手抜群の山房の作品をご紹介! 実直な職人気質の服部が生み出す「用の美」と言える盆栽鉢をご紹介! 使える鉢をセットにしました。セット鉢ゆえに価格はリーズナブル!とにかく数の必要な方にはもってこいのセット鉢です。 独特の土目「古銅泥」を有する高級メーカー「陶青元制」のラインナップ! 昔ながらの登窯で古渡鉢の再現を目指して作られた「広東鉢」のラインナップ! 多少の傷みがある為お買い得価格となっております。 ご了承の上ご購入下さい。 第43回雅風展併催の第13回現代小鉢作家展に出展された力作をご紹介! リサイクルのユーズド鉢を格安でご提供! 「京薩摩」を現代に再現するー 名陶家の血脈を継ぐ新進鉢作家 ★KINBON WEB SHOP限定バーゲン★ 終了いたしました ◆2023年9月20日15時OPEN 2023年9月28日15時CLOSE◆ ★KINBON WEB SHOP限定バーゲン★ 終了いたしました ◆2023年9月20日15時OPEN 2023年9月28日15時CLOSE◆ ★KINBON WEB SHOP限定バーゲン★ 終了いたしました ◆2023年9月20日15時OPEN 2023年9月28日15時CLOSE◆ ★KINBON WEB SHOP限定バーゲン★ ◆2023年9月20日15時OPEN 2023年9月28日15時CLOSE◆ 中国紫砂芸術大師」の称号を得た名工・馬金旺の直弟子が手掛けた最高級手づくり中国鉢をご紹介! 書籍のお買い得セット!! 著名愛好家・故岩﨑大臟氏が中国宜興で特別に注文した高級盆栽鉢をご紹介! 鞍馬石などに代表される付け石。創作盆栽に欠かせない貴重なアイテムです。 鞍馬石などに代表される付け石。創作盆栽に欠かせない貴重なアイテムです。 平安香山唯一の直弟子にして樹鉢界の重鎮である堀江美功。現在は作陶しておらず入手困難な美功鉢をぜひ! 瀬戸の名人・真山の娘にして寺畑陶園の二代目。女流作家ながら職人気質の里美が手掛ける作品は国内はおろか海外でも評価が高い。 お買い得な優良素材を期間限定でご紹介! KINBON WEB SHOPのみで紹介する未公開名鉢! 盆栽の化粧に必要な苔! 中国宜興の再王手「清荷堂制」が送り出す高級色鉢! 現代中国鉢に変わる高品質でリーズナブルな小鉢がついに完成! あの「徐苔邦」を手掛けた窯元の高品質泥小鉢! ★KINBON WEB SHOP限定バーゲン★ ◆2022年9月20日15時OPEN 2022年9月30日15時CLOSE◆ 幻の土目「黄龍泥」の味わい深い土目が魅力! 毎月発行の「月刊 近代盆栽」誌上に掲載中の一品商品、紙面では掲載できなかった補足写真を閲覧することが出来ます。 (2019年12月号よりスタート) また、月末に行う抽選へのお申込みも出来るようになりました。 小さく可憐な植物たち 桜の苗木をご紹介 季節限定 季節ごとの作業に必要な道具や参考書籍をまとめました ひばい【肥培】人為的に樹に養分を補給してやること。太らせるため、また元気をつけるためなど様々な目的がある。天然土壌中には豊富な栄養分があり、自然木はこれを吸収して生育するが、鉢栽培の場合は用土中に栄養分はほぼ含まれておらず(含まれていても樹が吸収できる化学形態であるとは限らない)、樹が吸収しやすい形態の人工肥料を与える。現在では有機/無機、速効性/緩効性など様々な肥料が開発され、その形状も固体(灌水によって溶け、鉢土内に流れ込むもの)、液体(ほとんどは原液なので水で薄めて散布する)、土壌中の栄養分を樹が吸収しやすいように化学変化させる土壌活性剤など、バラエティに富む。 めつみ【芽摘み】春先から伸び出す新芽を摘むこと。早期に生長点を取り去ることで第一節間を短くすることや、樹勢の格差を平均化する目的がある。ある程度伸びた段階でハサミを使って切る方法と、芽がほころぶ直前に強い芽をピンセットで開いてつみ取る方法がある。

はがり【葉刈り】春に出た新芽を摘み取るのが芽摘みだが、その後に固まってきた葉を、葉柄を残して刈り取る技法。雑木盆栽、特に葉もの作りにおいて非常に重要な作業で、芽吹きの良い樹種なら、年間3〜4回可能。効率の良い小枝作りと樹勢の平均化の二つの目的がある。
水盤作りの名手・春松の水盤。水石・苔玉・草物に最適! 挿し木・接ぎ木・取り木など盆栽の繁殖に使う道具をピックアップ! とりき【取り木】幹を削って養分の通り道を遮断することで強制的に木質部に発根させ、その根の下部で切断、上の部分を植え込んで使う繁殖方法。盆栽の素材を得るために大変重要なテクニックで、改作にも活用でき、特に小品盆栽では取り木で作られた名品も多く見られる。樹種により適期は違うが、均等な根張りが得られるところと、模様・幹肌の良い部分だけを選択できるというのが最大の魅力である。 つぎき【接ぎ木】一般的には繁殖法の一つということになるが、盆栽づくりの上では大変重要なテクニックで、繁殖や枝作り、さらには根張り作りにまで応用できる。一口に『接ぎ木』といっても、様々な目的や方法があるので、ここに挙げる。 ●枝接ぎ・芽接ぎ フトコロ部に枝が欲しいが、追い込める芽がない場合など、枝や芽を接ぎ穂にして芽を得る ●根接ぎ 良い根張りを得るために、根張りの足らない部分に接ぐ ●呼び接ぎ 接ぎ穂にする部分を母木から切り取らず行なう接ぎ木。活着の難しい樹種(もみじなど)に用いられる ●通し接ぎ 幹に穴を開け、接ぎ穂を通して活着を待つ方法。樹種(もみじや楓など)や時期(5月下旬~6月上旬)を選ぶため、あまり一般的ではない その他、葉性や品種を変えたいときや繁殖法としてなど、接ぎ木の応用範囲は広い。接ぎ木で繁殖された素材は、花や実の着くのが早くなる。 とりき【取り木】幹を削って養分の通り道を遮断することで強制的に木質部に発根させ、その根の下部で切断、上の部分を植え込んで使う繁殖方法。盆栽の素材を得るために大変重要なテクニックで、改作にも活用でき、特に小品盆栽では取り木で作られた名品も多く見られる。樹種により適期は違うが、均等な根張りが得られるところと、模様・幹肌の良い部分だけを選択できるというのが最大の魅力である。

つぎき【接ぎ木】一般的には繁殖法の一つということになるが、盆栽づくりの上では大変重要なテクニックで、繁殖や枝作り、さらには根張り作りにまで応用できる。一口に『接ぎ木』といっても、様々な目的や方法があるので、ここに挙げる。 ●枝接ぎ・芽接ぎ フトコロ部に枝が欲しいが、追い込める芽がない場合など、枝や芽を接ぎ穂にして芽を得る ●根接ぎ 良い根張りを得るために、根張りの足らない部分に接ぐ ●呼び接ぎ 接ぎ穂にする部分を母木から切り取らず行なう接ぎ木。活着の難しい樹種(もみじなど)に用いられる ●通し接ぎ 幹に穴を開け、接ぎ穂を通して活着を待つ方法。樹種(もみじや楓など)や時期(5月下旬~6月上旬)を選ぶため、あまり一般的ではない その他、葉性や品種を変えたいときや繁殖法としてなど、接ぎ木の応用範囲は広い。接ぎ木で繁殖された素材は、花や実の着くのが早くなる。
春咲き種の花が終わったこの時期は寄せ植えや草玉づくりの適期です。単独でも複数でも好きな種類を選んで草玉仕立てを楽しんでみましょう。 日本彩画陶磁の三大源流の九谷焼。赤・黄・青(緑)・群青・紫の五色を使った重厚な五彩色の構図が特徴。 梅雨が明けると、一気に鉢土の乾燥が早まります。いつもは出かける直前にすましていた水やりも、少し早起きしてその時間を作らなければなりません。一日に3回の水やりができれば、ほぼ水切れで枯らすことはありません。でも、そうはいかないのが勤め人のつらいところ。朝夕2回の水やりだけで、この夏を越さなければなりません。決して無理なことではありませんが、それなりの対策はしておかなければならないでしょう。 まず直射日光に弱い樹種を半日陰の場所へ移動します。蝦夷松、さつき、アジサイ、紅葉を楽しみたい樹種などです。 寒冷紗 (かんれいしゃ)などの設備があれば一番ですが、なければ塀や棚下、よしずなどを利用して、午後2時以降の西日をカットできるようなところにおきます。 次に一日中しっかり陽にあてなければならない樹種の内、水切れに弱いもの、乾きの早い鉢などをなるべく同じところにまとめておきます。これで水やり作業がずいぶん単純化されます。 小品盆栽は浅いコンテナなどに砂利を敷き詰め、そこに半分くらい鉢を埋めるようにしておけば、かなり水切れが防げます。 そうした上でまだ水保ちに不安がある樹は、大きめの駄温鉢に埋めて二重鉢にしたりして対応すればよいでしょう。表土に水着を敷き詰めておくだけでもかなり水保ちがよくなります。 根が原因で起こる生理障害は、葉先から症状が現れます。葉の先端が茶色くなってきたら根が傷みはじめていると考えてよいでしょう。 水切れなどによって生理障害を生じた樹は、半日陰に移動して鉢を傾け、 葉水 を主体に管理します。いつも以上にたくさんやりたくなるのが人情ですが、根が傷んでいるので、通常より吸収力が低下しています。ドボドボと水をかけてもなかなか鉢土が乾かず、かえって根の状態を悪化させるだけなので、水のやりすぎに注意しなければなりません。 第15回現代小鉢作家展おいて初出品ながら釉薬の部金賞を見事受賞した注目作家。現代釉薬鉢づくり福田茂氏の一門で茂氏の叔父にあたる。 日本古窯で今の奈良市で焼かれた陶器。明治期には交趾写しを中心に優品を作り、支那色鉢を彷彿させる出来映えで人気を博す。 (でんいちばち) 兵庫県は丹波立杭で生産されている鉢で、関西を中心として全国の山野草愛好家やプロから高い評価を得ている「伝市鉢」。その最大の特徴は機能性で、鉢壁の通気性と排水性、そして鉢穴の大きさにあります。鉢の中にたっぷりの酸素が取り入れられ、かつ不要な水分が速やかに排出されるため、植物の根にとって最高の環境づくりを実現しています。 整姿で使われる針金は「銅線」と「アルミ線」の2種類。 銅線は1年以上針金をかけたままで枝の形を整える松柏に向いています。 アルミ線は銅線に比べて硬度は落ちますが、幹肌への当たりが柔らかいため、樹皮が柔らかい雑木類に使われることが多いです。 展示会シーズン到来 丹精込めた盆栽の魅力を更に高める卓選びをお楽しみください。 京焼・清水焼の窯元「陶葊」とKINBONのタッグによるオリジナル盆栽鉢! 中国宜興で生み出された高品質な色鉢。 風合い豊かな本場・中国の南蛮。文人木や草物の寄せ植えなどに! 瀬戸の名人・寺畑陶園の真山(まざん)。用の美を追究した作品は国内外で人気が高い。 寺畑陶園の真山(まざん)鉢。瀬戸の名人が手掛ける”用の美”を追求した作品は国内外の愛好家より絶大なる人気を誇る。 瀬戸の名人・真山の娘にして寺畑陶園の二代目。女流作家ながら職人気質の里美が手掛ける作品は国内はおろか海外でも評価が高い。 実付けの必需品 第16回現代小鉢作家展絵鉢の部金賞受賞作家! 常滑高級鉢のメーカーとしては最大手として活躍してきた山秋製陶。 瀬戸の老舗・寿悦の作品 本場・中国宜興の手づくり高級色小鉢! リーズナブルな価格ながら本格派の色小鉢! カワイイ南京の絵付鉢! イタリア製盆栽作業台 人気の泉山鉢から一流職人による手描きの高級鉢! 常滑の老舗・角山陶園の五代目。陶号を幸峰として独自の加飾鉢などを手掛ける。 日本陶器の代名詞・薩摩焼を牽引してきた400年続く伝統の窯元「沈壽官」の貴重な盆器! 瀬戸の老舗・文山窯。小品盆栽・ミニ盆栽に最適! 釉薬の一点物を手掛けるこだわりの作家! 江戸末期より180年続く伝統の渋草焼柳造窯の作品を紹介。 世界に名だたる名ブランド・柿右衛門の貴重盆栽鉢をご紹介 九谷焼の「藍九谷」を伝承する女流作家・九谷理節の盆栽鉢をご紹介! ★KINBON WEB SHOP限定バーゲン★ ◆2022年9月20日15時OPEN 2022年9月30日15時CLOSE◆

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。