TOP 会社概要 ご利用案内 よくあるご質問 スタッフブログ カートを見る
お問い合わせ 新規会員登録
検索条件
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

平安香山

平安香山(へいあんこうざん)
本名:小池一雄(こいけかずお)1905〜1990年
 東福寺と並び称せられる日本小鉢界の雄。小鉢だけではなく中大鉢もつくり、また水盤の名手だった。作品はいずれも反り、歪みの少ない端正な器型で知られ「カミソリ香山」の異名を取った。
 盆器制作活動はほぼ昭和一代に渡り、兵役期から終戦を挟み、昭和38、39年に至る休眠期を除いておよそ40年活動している。しかしタタラづくり主体の作陶だったため、非常に手間暇が掛かり、その数は万には届かないと推測される。
 戦前作は登り窯、再興後は電気窯による焼成が主体。作品は紫泥、朱泥、白泥、黒泥、梨皮泥などの泥物から辰砂釉、鶏血釉、均釉(香均釉)、緑釉、瑠璃釉、蕎麦釉、白釉、黄釉などの釉薬鉢、また染付、色絵、金銀彩と多岐にわたり、浮彫や透彫もある。
 昭和48年に陶号を二代香山に譲り、自らは香翁を名乗る。これ以降は香山工房として活動し、父子合作も多い。
1件の商品がございます。
香山桃花釉切立雲足長方鉢

香山桃花釉切立雲足長方鉢

販売価格(税込): 300,000
左右20cm奥行16.3cm高3.8cm
戦前に作られた香山鉢。白がベースで薄らとピンク掛かった美しい発色の桃花釉が魅力。釉薬の出来や型の良さなど香山作品の中でも上位に位置する名品。
数量:

休日のお知らせ

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

近代出版/取り扱い商品カテゴリ一覧

※本欄は広告欄であり、広告の内容に関する一切の責任は広告主に帰属します。また、弊社が推奨するものではありません。