第34回日本盆栽大観展その2


暖かい一日となりました本日、京都みやこめっせでは

第34回日本盆栽大観展 が開幕いたしました!

 

さっそくではございますが、会場から撮影したての写真が

届きましたのでご紹介したいと思います;)

 

 

 

 

 

 

ごらんのように、沢山の方が会場にお越しになり、熱心に観覧されていました。

舞妓さんやおねえさんの姿も…

 

 

 

 


 

 

大観展の会場では、32回展から場内での写真撮影がOKになりましたので

カメラ片手に熱心に参観される姿が多く見受けられました。

ご自身の盆栽の樹形構想に参考になさったり、出品や来場の記念に撮影

されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは同時開催の世界の盆栽パネル展です。

 

 

 

 

 

 

 

売店ブースでは沢山の方が品定め中…! 思う存分、ゆっくり時間をかけて

お気に入りの品物を探せるブースです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらはKINBON盆栽樹鉢・盆栽の販売ブースです。

 

 

全国各地の盆栽展を駆け回る、KINBONスタッフまっちゃんこと松村氏、

大観展期間中は地元京都で張り切って皆様のご来場をお待ちしております!

 

 

 

 

昨日のブログでもご紹介した

銘樹 真柏 銘「涛龍(とうりゅう)」も、皆様をお待ちしております。

 

 

 

 

KINBON書籍販売ブースです。盆栽カレンダーも毎年好評です。

 

 

 

 

 

そして本展から初めての販売となりました、盆栽のミニチュアフィギュアです

 

精巧に作られたフィギュアは、近年主に若い世代から火がついてコレクター

も多いと聞きます。盆栽のミニチュアはまだ珍しく、今回からの登場です!

お土産に、貴方のコレクションに、ぜひお買い求めください:D

2015年2月号では近代盆栽の記事内で詳しくご紹介もする予定です。

どうぞお楽しみに!


 

 

 

それでは最後に山口カメラマンから送られてきた今日のみやめっせ前の紅葉と

爽やかな山口カメラマンの笑顔をご紹介;)

プロの撮る写真にはかないません…;( とてもキレイな紅葉です。

 

 

それでは明日からの大観展会場でもスタッフ一同、お待ちしております:)

 

 
BY・編集部 K

第34回日本盆栽大観展が始まります

紅葉が見頃を迎えた今日この頃、皆様は紅葉狩りにお出かけされましたか?

 

紅葉の名所、京都では明日から恒例の 日本盆栽大観展 が始まります。

 

 

 

 

 

会場となるのは、京都市勧業館みやこめっせ。

 

 

  

 大観展の詳細は次の通りです:D

第34回日本盆栽大観展(京都府)
会期/11月22日~25日(9時~16時30分、但し最終日は16時まで)
会場/京都市勧業館みやこめっせ(京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 岡崎公園内)
主催/日本盆栽大観展組織委員会・日本盆栽協同組合・京都市・京都新聞・KBS京都
後援(予定)/文化庁・農林水産省・外務省・京都府・滋賀県・(一社)日本盆栽協会・(一社)日本皐月協会・(公社)全日本小品盆栽協会・(一社)日本水石協会・日本皐月協同組合・日本小品盆栽組合・日本水石組合・(公社)京都府観光連盟・(公社)京都市観光協会・NHK京都放送局
協賛/コカ・コーラウエスト(株)・(株)JOYアグリス・(株)近代出版・(株)エスプレス・メディア出版
☎03(3821)4587 日本盆栽協同組合
※入場料900円。大即売コーナーあり。『世界の盆栽パネル展』を同時開催。

 

 
本全国はもとより外国の愛好家からも出展され、諸外国の関心も年々高まりつつある盆栽展です。


明日から4日間開催される日本盆栽大観展、紅葉観光を兼ねてぜひ
お訪ねください:)
 
 
 
 

会場では明日からの開催に備えて準備の真っ最中!
今日の様子を少しご紹介して参ります。
 
 
 
 
 
 

 
会場入り口には鈴なりの実をつけた柿の盆栽が! その隣には枝ほぐれの見事な梅盆栽が展示されており、来場者を迎えます。
 
 
 
 
 
 
順々に盆栽達が展示されていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小社撮影スタッフが撮影の準備をしています。
日本盆栽大観展記念帖に掲載の盆栽は、このようなセットで撮影されております;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらでは売店ブースの準備中! 「盆栽展は初めて見る」という
方から盆栽を本格的に愛好されている方まで、幅広い層が楽しめる
品揃えです。
 
 
 
 
 
 
 
 
そして小社 KINBON 販売ブースです
今年発行された新刊も沢山そろえて皆様をお待ちしております。
 
 
 
 
 
 
 
 


そして同じく小社の盆栽・盆器販売ブースにはこんな盆栽が…
 
 

銘樹 真柏 銘「涛龍(とうりゅう)」です。
 
 
 
 
月刊「近代盆栽」2014年8月号で改作記事にもなった真柏「涛龍」。
実物の迫力をぜひ会場にてご覧ください。 
 
スタッフ一同、お待ちしております:)
 
BY・編集部 K

高松盆栽大会2014

 

こんにちは:D


今日は、きれいなうろこ雲が広がる秋晴れの一日でしたね!


昨日オープニングを迎えた四国高松盆栽大会2014

 

 

 

香川県高松市の玉藻公園及び栗林公園、鬼無植木盆栽センター、JA香川県国分寺盆栽センター

を会場に盆栽・水石展示会が開催されています。

伝統的な座敷陳列で飾られる名樹・名石をはじめ、有名作家によるデモンストレーション、

地元鬼無町・国分寺町の展示即売会などさまざまなイベントが開かれております。


 

 

 

現地の小社スタッフから写真が届きましたので、ご紹介したいと思います。

 

 

 

県内外から集められた盆栽・水石が特別展示される国の重要文化財「披雲閣」です。

枯山水の庭園が広がり、大書院や洋間など雅趣あふれる空間で本格的な席飾りが

観賞できます。

期間中、夜の8時(最終日は午後4時半)まで見ることができます。

ライトアップされた披雲閣と共に幻想的な盆栽を楽しめます。


 

 

 

 

 

 

 

こちらは昨日のオープニングセレモニー、テープカットの様子です。

左から4人目が高松盆栽大会運営委員長の平松浩二氏です。

平松氏の右隣が浜田恵造香川県知事、

平松氏の左隣が大西秀人高松市長です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の午後には平松浩二氏による盆栽デモンストレーションが会場内『桜の馬場』

にて行なわれました。

明日31日(金)はビヨン・ビヨホルム氏、明後日11月1日は漆畑大雅氏の盆栽デモ

ンストレーションがそれぞれ行なわれます。


なんと、近代盆栽編集長が司会進行を務めさせて頂いております。会場のみなさま

暖かいご声援をどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、会場内では盆栽カフェや讃岐フードスペース、音楽コンサートも開かれます

ので、盆栽に関心が薄い?? ご家族にも楽しんで頂けるスペースが設けられています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ! そして! なんと! 地元で人気のB級グルメや県産食材を使った料理・特産品

を販売する讃岐フードスペースに…いつもの!あの! KINBON ブースがあるでは

ないですか!

 

 

ど〜〜〜ん ど〜〜〜〜ん ど〜〜〜〜〜〜ん と出店させて頂いております

 

どうぞみなさま、遊びにいらしてください:D! おまちしております。

 

 

BY・編集部 K

社内取材で…

 

みなさま、お久しぶりです:D


かなりのごぶさた失礼いたしました(汗)


編集部は今年に入り、新刊の制作に邁進しており?? ブログから足が遠のいておりました

(こら〜っ! いいわけがましいぞ〜 と どこからか外野の声)


それはそうと、新刊見ていただけましたでしょうか?


 

 

作業実例から学ぶ 五葉松盆栽

 

オールカラーの見やすいレイアウトで、五葉松盆栽に関する作業実例

や解説を幅広く紹介しております! 

まだの方はぜひぜひご覧くださいね

よろしくお願いいたします。



と、ちゃっかり宣伝させてもらいつつ…


 

実は昨日、小社内で取材が行なわれました。


近代盆栽 不定期連載「森 友美が行く!」でお世話になっています


森 友美さんが小社にお越し下さいました!


私事で恐縮ですが、可愛い女性が大好きで自社の雑誌にも関わらず


森さん連載をファン目線でいつも読んでいる私としては、このチャンスを


逃してはならぬ! と取材中にもかかわらず写真をお願いしてしまいました(汗)


 


 

 

 

 

 

 

 

↑うれしさが隠しきれない顔になっており何ともお恥ずかしいですが、

友美さん(向かって右側)の可愛さに免じてお許し下さい…(^^!)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑迷?カメラマン、鎌田編集長秒速シャッタースピードにおもわず笑みがこぼれる
友美さん… かわいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

華奢な体で、こんな盆栽を運ぶのも馴れたもの…!

日々の園(愛知 喜洞園さん)での修業の賜物ですね。

見た目の女性らしい柔らかな印象とは違い、大きな撮影道具や盆栽も

進んで移動させたりされてて、男前なかっこいい女性でますますファンになりました:D


一生懸命何か信念を持って打ち込む女性は素敵で、かっこいいです。



 

森さんのブログ 

↓↓

森友美の 盆栽Blog

 

 

月刊 近代盆栽記事でも紹介して参ります。

どうぞよろしくお願いいたします:)


 

BY・編集部 K

藤の盆栽と友美さん


こんにちは:) 皆様、お久しぶりでございます。


季節は春爛漫、陽気に包まれる気持ちのいい季節になりました。


昨日のこと、愛知県から小社にはるばるお越し下さったお客様が…


近代盆栽2014年3月号より連載でお馴染みとなりました森友美さんです。


社員や記事担当以外の編集部員で今回初めてお目にかかるスタッフは、素敵な

 

森さんにドキドキ!

 

 

森さんはモデル、タレント、レースクイーンやグラビアアイドルとして

 

芸能界で活躍されていましたが、2010年に芸能の仕事から離れ、2012年より

 

地元愛知の新海喜洞園 新海勲氏に師事し、現在、盆栽の手入れ管理を勉強されて

 

います。

 

森さんのブログを拝見すると、まっすぐ盆栽と向き合い、いろんなことを吸収

 

しようとされている様子が伝わってきます。

 

大きな盆栽の鉢替えなどもされていて、ふんわりとした柔らかな森さんの雰囲気

 

とは違ったバイタリティーを感じます。

 

 

 


森さんのブログ 

↓↓

森友美の 盆栽Blog

 

 

 

 

そして、昨日の小社会長との2ショット…会長の表情も和らぎます。

 

 

 

 

 

 

 

藤の盆栽と友美さんの2ショット…とってもお似合いです  殺風景な編集室に一瞬だけ

 

春の華やかさを運んできてくださいました。

 

 

 

 

 

近代盆栽2014年6月号では、愛知県の大樹園さんの親方、鈴木亨氏に友美さんがインタビュー


された記事をご紹介いたします!

 

その一部がこちら…!

 

 

 

近代盆栽2014年6月号は5月2日発売です。


どうぞよろしくお願いいたします:)

 

 

BY・編集部 K

梅便り

 

 

こんにちは:D

 

今日は全国的に気温も上がり、春がすぐそこまでやって来ていることを実感した一日でしたね:P

 

そんな中、近盆スタッフは広島の展示会にお邪魔しておりました。

 

第1回広島縮景園梅林盆栽展示会(広島県)

会期/2月22日~3月2日(9時〜17時)
会場/縮景園内梅林道(広島市中区上織町)
主催/縮景園
協力/広島盆栽組合

☎082(289)0102 草光園

 

縮景園ー広島藩主浅野長晟(ながあきら)が、元和6年(1620)から別邸の庭園として築成されたもので、昭和15年(1940)浅野家から広島県に寄付され、同年7月12日国の名勝に指定された。 昭和20年(1945)原爆によって壊滅状態になったが、県教育委員会は、戦災前の景観に復すべく整備をすすめ、清風館、明月亭などの亭館も復元した。(縮景園公式ブログより)

 

由緒ある縮景園は四季折々の花を楽しめ、特に梅林が有名で、

開花時期には多くの観光客が訪れます。

今回の記念すべき 第1回広島縮景園梅林盆栽展示会 には

梅の花を見に来た人や、花の撮影に来た人がたくさんの来場

されており、地元のテレビ局も取材に来られてたそうです。

盆栽を初めて見たという人が大半。園内に展示された盆栽には

「樹齢●年」などが表示されて、見る人の関心を引く工夫

がされてました。

 

 

門前に飾られた盆栽(五葉松 寄せ植え)です。圧倒的な存在感…!

 

 

 

 

 


盆栽は主に梅林の前に展示されていました。満開の梅の花と盆栽が

 

お互いに存在を引き立てあっていて、見応えがあります。

 

 

 

 

 

 

茅葺きの茶室に展示された赤松。

 

 

 

 

 

今回の試みは今後も続けられるとのこと、盆栽をちゃんと見るのは初めてとおっしゃる方々が

多く、またその方々が、盆栽を興味深く参観されていたことがとてもうれしく感じた、

春の始まりの日でした:D

 

BY・編集部 K

暮らしに癒しを!小品盆栽 手のひらの上に凝縮された自然

 

府市民教室受講生募集 小品盆栽教室のお知らせ

 

京都市近郊にお住まいの皆様におすすめの盆栽教室のお知らせです:)





ご紹介するのは、京都市中京区四条 ラボール京都にて開講されます、初心者の方を対象とした「小品盆栽教室」です。[主催:ラボール学園 共催:京都市]







2013年度第4期を迎えた今回のテーマは…

 

手のひらの上に凝縮された自然



〔今回の教材:長寿梅〕





初心者の方を対象とした小品盆栽教室です。洋室にも和室にも合う手のひらの上に凝縮された自然の姿をつくってみませんか。今回は早春の芽出し前に赤い小さな花を咲かせる草ボケの変種である「長寿梅」を使って、盆栽の楽しさを経験していただきます。暮らしの中で緑のもたらす癒しをお楽しみください。作る楽しみ、育てる楽しみ、是非一緒に楽しみながら学んでいきましょう。                          〜ラボール学園募集要項より〜



 

 詳 細 

日 程:3月6日(木曜)

時間:午後1時30分~3時30分

講 師:桝見朋広氏 (公益社団法人全日本小品盆栽協会・認定講師)

受講料:1回 1,200円

材料費:2,000円(受講当日にご持参ください。) ※作品は持ち帰れます。

持ち物:植木ばさみ・ピンセット・筆記用具・ビニールシート・作品を持ち帰る袋

 

お申し込み・お問い合わせは下記まで 

 

ラボール学園(公益社団法人 京都勤労者学園)

住所:京都市中京区四条御前 ラボール京都3階

 e-mail: gakuen@labor.or.jp

http://www.labor.or.jp/gakuen/kouza_simin/2013-04/new.html#no1

 

BY・編集部 K

[速報]第88回 国風盆栽展

 

   こんにちは!  

 

本日4日は立春を迎え暦の上では春とはいうものの、まだまだ気温は低いですが

 皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

今日の関東地方は雪がふり、特に寒かった様子…

 

本日から東京で始まった、国風盆栽展に(お客様はお見えかな…?)と

少し抱いた不安でしたが、会場の山口カメラマンより、早速届いた写真を

拝見し、やはり日本を代表する国風盆栽展、参観される沢山の方の姿が

ありました。

 

れでも天候のせいか例年より、会場内の混雑は少ないようで、逆に今の

参観がゆったり鑑賞できて狙い目かもしれません:D

 

今年の国風盆栽展より、これまで記念展のみで許可されていた二部制を導入、

その分、前期・後期合わせて約330席(約160席を入れ替え制で展示)を会場

内で、昨年よりもゆったりとスペースを設けて展示されているそうです。

 

前期と後期で二度、違った顔を見せる今年からの国風展に、ぜひ皆様、お訪ねください:D

 

 

第88回国風盆栽展(東京都)

会期/前期・2月4日〜7日、後期・2月9日〜12日(9時30分〜17時30分、但し入場は17時まで)
会場/東京都美術館(台東区上野公園)
主催/(一社)日本盆栽協会
☎03(3821)3059 (一社)日本盆栽協会
※入場料千円(各種割引あり)、協会会員・レディース会員は会員証で入場可。上野グリーンクラブで大即売会(立春盆栽大市)あり、シャトルバスあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BY・編集部 K

極上の京都 放送お知らせ

 

明日12(日)に放送の番組をお知らせいたします:D

 

小誌でもお馴染みの盆栽研究家、川﨑仁美さんが案内人として

極上の京都 〜京都人の案内する本物の京都〜』にご出演されます。

 

KBS京都 毎週日曜日 22:00〜22:25
KBS京都 毎週土曜日 8:30〜8:55(再放送)
BS12TwellV 毎週金曜日 21:30〜21:55

関西の方、必見です

小社ギャラリーにも撮影にお越し頂き、編集長も参加させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

仁美さん、凛とされて素敵です:D

どうぞ、明日の放送をご覧ください。

 

BY・編集部 K

 

[速報]第84回銘風盆栽展・第35回岡山盆栽名品展

 

雅風展に引き続き、名古屋と岡山の大イベントをご紹介いたします:D

 

それぞれ、写真が届きましたのでどうぞごらん下さい!

 

まずは、第84回銘風盆栽展(愛知県) より…

会期/1月10日〜12日
会場/名古屋市吹上ホール
主催/中部盆栽組合
後援/愛知県・名古屋市・日本盆栽協同組合・(一社)日本盆栽協会・中日新聞社・月刊近代盆栽
☎052(351)4064 田中方
※入場料500円。即売あり。

 

 

小さい写真で恐縮ですが、実際は名古屋市吹上ホールという大きな会場で盛大に開催されております! さすが、長い歴史を誇る大きな展示会、沢山の方で賑わっております。

 

 

 

即売場では、近代出版も出店させて頂いております! 銘風盆栽展は12日(日)までの開催です。

みなさま、どうぞお立ち寄りください:)

 

 

 

 

 

次に紹介しますのは、こちらも中国・四国地方で回を重ねて開催され、今年は35回目となる

第35回岡山県盆栽名品展 です。

会期/1月11日(土)〜13日(月・祝)

   (9時30分〜16時30分、但し最終日は16時まで)
会場/コンベックス岡山小展示場
  (岡山市大内田)
主催/岡山県盆栽名品展組織委員会
☎090(1016)9233 大島方
※入場無料。即売あり。約60席を展示。

 

 

 

開催は明日から13日の祝日まで3日間! 一足先に現地入りしたスタッフから写真が届きました。

 

 

 

会場のコンベックス岡山です。

 

 

 

 

 

 

 

 

準備万端! みなさまそろっておでかけください:D

 

BY・編集部 K